仮面女子 「私たち地下アイドルが、今ちゃんとココに立っています!」 大歓声に迎えられ、”地球のおへそ”さいたまスーパーアリーナに降臨!


MON_0496

 “最強地下アイドル”仮面女子のワンマンライブ「地球のおへそ」が11月23日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ(以下、SSA)にて開催された。ライブには枝野幸男氏(民主党・官房長官)も応援観戦に駆け付け「想像以上に素晴らしかった」とメンバー全員に惜しみないエールを送った。

 SSAでライブを開催することを発表したのは昨年10月Zeep Tokyo公演でのこと。その際はまだ多くの人が「無謀では…」正直そう思ったことだろう。依然アイドル戦国時代と呼ばれる近年において、幾多のアイドルが産まれては、夢半ばに舞台を去っていく。そんな現実のなか、彼女たちはメジャーデビューよりも前にアリーナ単独公演に挑むというのだからただ事じゃない。しかし「毎日一歩づつ」彼女たちはSSA公演の成功に向けて走り出した。初めて訪れる地方都市含む全国ツアー、ヴィジュアル系バンドとの異色の対バン企画、大型メタルフェス「ラウドパーク」への出演など、秋葉原の常設劇場を飛び出した彼女達は、未知なるフィールドで自分たちを鍛え、磨き、この日の成功に照準を合わせ駆け抜けてきた。

image4

MON_0398

MON_0412

MON_0435

 大型テーマパーク・アトラクション、ないしはホラー映画を思わせる暗黒世界観満載のオープニングSE&映像が流れると、「FOLLOW ME!!」の掛け声とともに仮面女子が登場。花道を勢いよく駆け、中央ステージで高く拳を掲げる姿は勇ましく、これから始まるステージへの高揚感を掻き立てる。コンサートの幕開けを告げたのは、今年元旦にオリコン1位を獲得し注目を集めた「元気種☆」。インディーズ女性グループ初の快挙を成し遂げたこのナンバーは、まさにこの日のライブ冒頭にピタリとはまる。続く、「Wohhhh!!!!☆」ではポップかつエネルギッシュなサウンドに乗せ、激しいヘッドバンキングを繰り出し会場のテンションを一気にヒートアップさせていく。緊張やカタさをほとんど感じさせない彼女達ののびのびとしてかつ一致団結したパフォーマンスは、ほぼ毎日ライブを行う彼女たちならではの積み上げられた努力の成果なのだろう。

MON_0451

MON_0475

MON_0473

 MCで、過去に「お客さんが3人しかいないけど、ライブしたことがありました」と切り出すと、「そんな地下アイドルの私たちが……ここまで来たぞ!!」とリーダー・桜のどかは満面の笑みで応え、会場に集まったファンを盛り上げる。そのテンションのまま「アリス・イン・アンダーグラウンド」に突入。この曲は、様々な苦難を乗り超えて、仮面女子が全力で輝いていくことの決意をうたう誓いの歌。その後も「TRY!!」「ぱらだいすいーつ」「あきばサンダルのうた~Do!!~」と、キュートで一体感あるパフォーマンスでオーディエンスを魅了する。

 ここで、来場者全員に配布されたリップルライト(リストバンド型のLED)がメンバーのイメージカラーなどに瞬時に変わっていくのを楽しむメンバー達。しばし和やかなMCを挟み、本編が再開。初夏を連想する爽やかなリズムに合わせてファンのタオルがくるくると会場中で舞う「マリン☆ロード」、女の子の逞しい恋心をエレクトロポップなメロディーに乗せた「恋の引金(トリガー)」、仮面女子がオフィシャルサポーターを務める『千葉ジェッツ』をイメージして製作された「全力エンジン」、ハートの花吹雪がひらひらと舞い落ちるなか甘酸っぱい気持ちをキュートに歌う「LOVE is ALL」と立て続けに披露。再びのMCで全国ツアーの思い出を振り返り、地元・北海道で初の凱旋ライブを行った森カノンが「友達が300人くらい来てくれました!」。桜「キャパ400人のステージなのに!」と楽しそうに語り、会場の笑いを誘う。

CUg50AjUkAECYWs

CUguCuMUkAAG99N

CUfXwRoUkAA8Pgg

MON_1465

「天地-AMA TSUCHI-」「散華~戦国の世に舞う百華の如し~」と厳かな和のエッセンスが含まれた楽曲を2曲続けて披露すると、ヴィジュアル系バンド・シドの名曲「妄想日記」のカバーを披露。ゴシックホラーなアレンジが施された曲中では、メンバー同士が小指に巻きつけた赤い糸を引き合うパフォーマンスも。「超アドベンチャー」では横一列に並びラインダンスのような息の合ったフォーメーション・パフォーマンスをみごとに決めた。

 その後、スチームガールズの「destiny」、アーマーガールズの「ココロイド」、アリス十番の「ジャンピン☆ベイビー」とユニットごとのメドレーを披露。スチームガールズはエレクトロポップ、アーマーガールズは森ロック、アリス十番はメタル調とそれぞれのユニットの持ち味が盛り込まれたステージングに観客は大歓声。終盤戦にさしかかり、「つけMEN☆極MEN」「大!逆!転!」「大冒険☆」とアッパーチューンの連投でたたみかけると、ラストの曲「夏だね☆」が始まる。中央ステージでメンバーがくるくるとタオルを回し煽るなか、センターの立花あんながゴムボートに乗ってアリーナ客席を大航海。恒例パフォーマンスながらいつもの数倍拾いSSAでのクルーズに、立花も大満足の様子。アンコールではステージ上から客席を入れた記念写真撮影を行うと、候補生も交えての「全開☆ヒーロー」。全20曲渾身のパフォーマンスが終わったとき、会場内の熱気はMAXに達していた。おしみない大歓声と拍手のなか、笑顔の彼女たちはSSAの舞台に幕を下ろした。

MON_0561

MON_0558

アンコールで桜のどかが語った言葉。「私たちは一歩一歩目の前の階段を着実に登ってきました。芸能界にはその階段をたった十歩、大きな一歩で駆け上がる人も居ます。私たちはここまで三千、五千かけて登ってきました。色んな人に”どうせ地下アイドルなんて”と言われながらも、仮面女子は夢じゃなくて……実際にこの場所に立っています。それも今まで応援してくれた一人一人、そして会場にきてくれたみんなのおかげです。私たちは一歩一歩登るのは遅いけど、夢を叶えつつあります。夢を諦めそうになってる人、まだ夢を見つけられない人も自分に自信を持ってください。叶わない夢はありません。私たち仮面女子がこれからもそれを証明していきます!」

 仮面女子メンバー達もまた、まだ夢に向かう道の途中と語る。さいたまスーパーアリーナという大きな舞台を経験した彼女たちは、この先どんな成長と活躍を見せてくれるのか。今後の更なる飛躍に大いに期待が持てそうだ。

MON_0744

image5

MON_0584

Text:河内香奈子

◆仮面女子 埼玉スーパーアリーナワンマン「地球のおへそ」
1.元気種☆
2.Wohhhh!!!!☆
3.アリス・イン・アンダーグラウンド
4.TRY!!
5.ぱらだいすいーつ
6.あきばサンダルのうた~DO!!~
7.マリン☆ロード
8.恋の引金(トリガー)
9.全力エンジン
10.LOVE is ALL
11.天地-AMATSUCHI-
12.散華~戦国の世に舞う百華の如し~
13.妄想日記
14.超アドベンチャー
15.各ユニットメドレー
・スチームガールズ destiny
・アーマーガールズ ココロイド
・アリス十番 ジャンピン☆ベイビー
16.つけMEN☆極MEN
17.大!逆!転!
18.大冒険☆
19.夏だね☆
EN
EN-1.全開☆ヒーロー

CUgD4rcUAAATT0R

CUgD4t9UcAAzETw

2868